広島対阪神 9回に登板した湯浅は笑顔でベンチに戻る(撮影・前岡正明)

<広島3-3阪神>◇23日◇マツダスタジアム

阪神湯浅京己投手(22)が、単独トップキープの19ホールドをマークした。3-3同点の9回に登板。先頭小園を内角高め直球で二飛に料理。続く中村健と堂林を直球で押し込み、連続三振に斬った。

「同点に追いついた後だったので、自分も0点で抑えて、チームにいい流れを持ってきたいと思ってマウンドに上がりました。結果的に3人で抑えることができてよかったです」

リリーフ陣は中盤以降、懸命にバトンをつないだ。ウィルカーソンが5回に追いつかれ、6回から2番手で浜地が登板。1死からマクブルーム、坂倉に連打を浴びたが、小園を内角直球で三邪飛、中村健を外角低めのスライダーで空振り三振に仕留めた。

ただ、3番手岩貞は誤算だった。先頭の代打堂林に高めのスライダーを左中間スタンドに運ばれ、1点の勝ち越しを許した。後続を断ったものの、大きな1点を失った。

広島戦未勝利の悪夢がよぎる中、8回はケラーが快投で流れを引き寄せた。先頭菊池涼を外角高め151キロ直球で空振り三振。マクブルームは直球で見逃し三振に退け、最後は坂倉を高めの直球で空振り三振。3者連続三振で、9回土壇場での近本の同点劇を呼び込んだ。助っ人右腕は「3人で抑えることができてよかったし、チームの同点につながるような投球ができてうれしいよ」と喜んだ。

9回の湯浅の後は、前日22日にサヨナラ弾を含む2被弾を喫したアルカンタラが登板。10回2死から代打松山に四球を許した。ここで菊池涼に左翼線への長打を浴び、サヨナラ負けかと思われたが、一塁走者の代走中村奨が三塁を回ったところでまさかの転倒。ホームタッチアウトで窮地を脱した。11回は7番手の渡辺が0で抑えるなど、投手陣が意地を見せた。【古財稜明】

情報提供元 : 日刊スポーツ
記事名:「 【阪神】湯浅京己が単独トップキープの19ホールド「チームにいい流れを持ってきたいと」