中日対ヤクルト 1回表ヤクルト無死満塁、右越え満塁本塁打を放つ村上(撮影・森本幸一)

<中日-ヤクルト>◇23日◇バンテリンドーム

ヤクルト村上宗隆内野手(22)が、今季4本目の満塁弾となる22号本塁打を放った。

初回、いきなりの無死満塁で迎えた第1打席、フルカウントから中日岡野の130キロのフォークを右翼席にたたき込んだ。「打ったのはフォークです。先制のチャンスだったので先に取りたかったです。追い込まれていたので外野フライでもという気持ちでした。入ってくれて良かったです」と振り返った。

村上の満塁弾は5月6、7日巨人戦、6月11日ソフトバンク戦に次いで今季4本目。満塁本塁打をシーズン4度以上打ったのは19年中村剛也(西武)以来、プロ野球8人9度目となる。

情報提供元 : 日刊スポーツ
記事名:「 【ヤクルト】村上宗隆22号、今季4本目の満塁弾「追い込まれていたので外野フライでもと」