千葉県大会の抽選を終えガッツポーズを見せる拓大紅陵・中村主将(撮影・藤塚大輔)

<高校野球千葉大会:組み合わせ抽選会>◇23日◇千葉県総合スポーツセンター

第104回全国高校野球選手権千葉大会(7月9日開幕)の組み合わせ抽選会が23日、県内で行われた。

今夏Aシードの拓大紅陵は7月12日にZOZOマリンで、京葉工-佐原白楊の勝者と対戦する。中村瑠斗主将(3年)は「20年ぶりの夏の甲子園に向けて、雰囲気を高めていきたい」と、真剣な表情で話した。

昨秋の県準優勝に続き、今春は県4強。上位に進出しながら、いずれもあと1歩のところで優勝に届かなかった。「甘い球を捉えられなかったり、エラーをしたりして、負けてしまった」と振り返る。

02年夏以来の甲子園を目指す戦いが始まる。「僕たちは悔しい思いをしてきた」。悔しさをバネに、夏こそは優勝をつかみとる。

情報提供元 : 日刊スポーツ
記事名:「 拓大紅陵・中村瑠斗主将「雰囲気を高めていきたい」20年ぶり夏の甲子園へ初戦は7・12/千葉