三浦、男子5000制す=黒川は男子400障害連覇―関東学生陸上

 陸上の関東学生対校選手権最終日は22日、東京・国立競技場で行われ、男子5000メートルは東京五輪3000メートル障害7位の三浦龍司(順大)が13分42秒35で制した。同400メートル障害は東京五輪代表の黒川和樹(法大)が49秒22で連覇した。   男子ハーフマラソンは藤本珠輝(日体大)が大会新記録の1時間2分20秒で制した。同800メートルは松本純弥(法大)が1分47秒23で3年ぶりに制覇。200メートルの男子は鵜沢飛羽(筑波大)、女子は宮武アビーダラリー(日体大)が勝った。(了) 【時事通信社】 〔写真説明〕男子400メートル障害決勝、健闘をたたえ合う優勝者の黒川和樹(右)ら=22日、東京・国立競技場

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...