慶大、法大が先勝=東京六大学野球

 東京六大学野球春季リーグ戦は9日、神宮球場で開幕して1回戦2試合が行われ、3連覇を目指す慶大は東大を11―4で下し、法大は早大を4―1で破った。  慶大は4―4の八回に宮崎(3年、国学院久我山)のリーグ戦初安打となる決勝3ランなどで7点を奪った。法大は篠木(2年、木更津総合)が14三振を奪って完投した。  今季は2019年秋以来、5季ぶりに勝ち点制が復活し、2戦先勝方式で優勝が争われる。 (了)【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...