テニスの全豪オープン女子シングルスで2度目の優勝を果たした大坂なおみ(23)を「自動車で言うとF1の超高性能な体」と表現するのは、トレーナーの中村豊さん(48)だ。昨年6月、大坂を支えるチームの一員となり、全米、全豪と四大大会2連勝。パワーとスピードを兼ね備えた才能は、さらに飛躍できると確信している。  昨年9月の全米優勝後も、「ポテンシャルがあるので、同じことの繰り返しではなく、進化を求めてやってきた」。コロナ禍の中、ともに過ごす時間が長く、お互いを深く理解できたそうだ。大坂はオンとオフの切り替えがはっきりしており、それに合わせた接し方をして、トレーニング効果を高められるように工夫した。  大坂は2018年全米での四大大会初制覇後もフィジカル強化に励み、動くスピードやボールへの反応速度が著しく向上した。今ではさらに、「動きの安定性」を鍛え、ドロップショットなどに追い付くだけでなく、そこから体重の乗った強い球で切り返せるようになった。  中村さんは「やれることがどんどん増えている半面、まだまだ足りない部分もある。彼女はトレーナーにとってすごい宝」。クレーコートで行われる全仏オープンや芝のウィンブルドンではまだ3回戦止まりだが、伸びしろはあると見ている。  マリア・シャラポワ(ロシア)の専属トレーナーとして12年の全仏初優勝に貢献した実績があり、スライディングしながら打つクレーコート特有のフットワークの強化にも方法論を持つ。重心を低くする必要がある芝のコートに適応するための練習についても同様だ。  高校卒業後から米国を拠点とする中村さんは、自らの知識や経験を日本のスポーツ界に還元したいとの思いがあるそうだ。その意味でも、大坂とともに目指す東京五輪を「本当に楽しみ」と心待ちにする。 【時事通信社】 〔写真説明〕全豪オープンテニス女子シングルス優勝の大坂なおみを支えたトレーナーの中村豊さん(左から2人目)=21日、オーストラリア・メルボルン(AFP時事)

情報提供元:時事通信社
記事名:「大坂なおみは「F1の性能」=昨年から指導の中村トレーナー―全豪テニス