前日計量を一発クリアした丸田陽七太(左)と阿部麗也

◆プロボクシング 「DANGAN250」 ▽日本フェザー級(57・1キロ以下)タイトルマッチ&WBOアジアパシフィック同級王座決定戦12回戦 日本王者・丸田陽七太―日本同級1位・阿部麗也▽東洋太平洋スーパーフェザー級(58・9キロ以下)王座決定戦12回戦 同級6位・力石政法―同級3位・渡辺卓也▽東洋太平洋女子ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ8回戦 王者・千本瑞規―長井香織(15日、東京・墨田区総合体育館)

 メインイベントに登場する日本フェザー級王者・丸田陽七太(森岡)が14日、東京・墨田区のモクシー東京錦糸町で前日計量に臨み、リミットから300グラムアンダーの56・8キロで一発クリアした。対戦相手の阿部麗也(KG大和)も100グラムアンダーの57・0キロでパスした。戦績は丸田が12勝(9KO)1敗1分け、阿部が22勝(10KO)3敗1分け。

 今回が2度目の防衛戦。WBOアジアパシフィック同級決定戦を兼ねて行われるが、丸田は「自分でもパンチ力はついていると思っているけど、それに頼りすぎないように。一発狙いにいっておおざっぱにならないよう、力まず、本来の、自分のボクシングをしたい」と計量後の取材で冷静に答えた。昨年2月に王座を獲得し、11月に日野僚(川崎新田)に判定勝ちして初Vに成功。その時の勢いのまま、再び東京に乗り込んできた。

 規定体重より300グラム軽かった事に関しても「関西からの移動もありましたし…。元気だったので大丈夫です」と笑顔で一蹴。ジム関係者やスポンサーなどが協力。「おいしい物、栄養のある物を食べるようにとサポートしてくれた」という。減量は計画的に行い、食べる時はしっかり食べるという姿勢で順調に調整してきた。「お肉も食べましたが、高知のカツオのたたきがメチャ、うまかった」そうだ。

 東京での試合は6戦連続となるが、地元・関西からは約180人ほどが応援に駆けつけてくれる。東京近郊からの応援も50~60人だという。「どこに行っても毎回、ホームでやらせてもらっている感じがする。フィリピンで試合(2018年8月)をした時もスポンサーの支部の方が来てくれて、『陽七太、陽七太』と応援してくれた。本当に良い環境です」と感謝した。

 12勝9KOでKO率は64・3%。持ち前のスピードやパンチ力も魅力だが、「(試合を)楽しんでいる姿を見に来てもらいたい」と丸田。「『丸田陽七太の良いところは楽しんでいる姿や』と言ってもらえるよう、自分も一緒に楽しみたい」。今回、ABEMAで無料配信されるが「『応援するね』と言ってもらえることが多い。うれしいです」と笑顔を見せながら、拳に力を込めた。

情報提供元 : スポーツ報知
記事名:「 丸田陽七太 V2戦の計量クリア 「楽しんでいる姿見せたい」