3回無死二塁、中野拓夢が右越えへ2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ DeNA―阪神(14日・横浜)

 阪神の中野拓夢内野手がプロ初の1試合2本塁打をマークした。

 6回2死一塁、フルカウントから宮国の6球目、内角高めの142キロ直球を完璧に捉えて右翼席へ3号2ランを突き刺した。

 初回に右中間フェンス直撃の二塁打を放つと3回には2号2ラン。5回には中前にはじき返し、2019年の梅野以来、球団8人目のサイクル安打にあと三塁打と迫ったが、お預けに。4打数4安打2本塁打4打点と躍動し、6回までに9点を奪った。

情報提供元 : スポーツ報知
記事名:「 【阪神】中野拓夢、サイクル安打お預け 第4打席でプロ初の1試合2発