前日計量を一発パスした力石政法(左)と渡辺卓也(カメラ・谷口 隆俊)

◆プロボクシング 「DANGAN250」 ▽日本フェザー級(57・1キロ以下)タイトルマッチ&WBOアジアパシフィック同級王座決定戦12回戦 日本王者・丸田陽七太―日本同級1位・阿部麗也▽東洋太平洋スーパーフェザー級(58・9キロ以下)王座決定戦12回戦 同級6位・力石政法―同級3位・渡辺卓也▽東洋太平洋女子ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ8回戦 王者・千本瑞規―長井香織(15日、東京・墨田区総合体育館)

 東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦に臨む同級3位で元WBOアジアパシフィック同級王者・渡辺卓也(DANGAN AOKI)が14日、対戦相手の同級6位の力石政法(緑)とともに東京・墨田区のモクシー東京錦糸町で前日計量に臨み、リミットで一発クリアした。力石も規定体重から100グラム軽い58・8キロで一発パスした。戦績は渡辺が38勝(22KO)10敗1分け、力石が10勝(6KO)1敗。

 計量後、取材に応じた渡辺は「調整は完璧。スパーリングもいろんな選手とやらせてもらい、充実した練習ができました」と胸を張った。対戦相手の力石とはこの日が初対面で「いい仕上がりだったかなと思う」と警戒。今回は王座決定戦であるものの「ともに挑戦者という立場で、自分はより挑戦者らしく闘いたい」と力限りのファイトを約束した。

 今回が50戦目の節目。「勝って締めたい」と意気が上がる。「区切りの50戦目がタイトルマッチで、今回の大会は『DANGAN250』。何か回ってくるなあと感じて、縁起もいい。数字とから語呂合わせとか好きなので、切りの良い数字に気持ちも高ぶっています」

 WBCのユース世界ライト級王座や数々の地域タイトルを手にしたが、日本ボクシングコミッションが認定する王座は2016年12月、当時東洋太平洋王者の伊藤雅雪に王座統一戦で敗れて以来、遠ざかっている。「12ラウンド、しっかり戦えるよう、準備をしてきた。1ラウンド、1ラウンド、力を出し切るつもりで闘う」と渡辺は言葉に力を込めた。

情報提供元 : スポーツ報知
記事名:「 渡辺卓也がプロ50戦目にタイトル挑戦「気持ちは高ぶっている」