1回無死、岡林勇希の打球を捕球後に転倒する広岡大志(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 巨人―中日(14日・東京ドーム)

 巨人の広岡大志内野手が、3回の守備から途中交代した。

 「7番・二塁」で先発出場したが、初回の守備で先頭・岡林の二遊間寄りのゴロに最後はサイドステップを踏んで捕球するも、送球しようとした時に体勢を崩して転倒。記録は内野安打だったが、このプレーから先発・シューメーカーのけん制悪送球、犠打で1死三塁となり、阿部の二ゴロの間に先取点を献上した。

 打撃で挽回したい所だったが、2回2死で中飛に倒れると、3回の守備から途中交代がアナウンスされ、二塁には増田大が入った。

情報提供元 : スポーツ報知
記事名:「 【巨人】広岡大志が3回の守備から途中交代 初回先頭の守備でゴロ捕球時に転倒する場面も