starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

いい角度に飛び出してもすぐに失速… ドライバーのミスショット「ドロップ」はどうやって防ぐの?


ドライバーのミスショットには、勢いよくボールが打ち出されたと思ったら、野球のフォークボールのようにすぐに落ちてしまう「ドロップ」と呼ばれるものがあります。一体どのようなものなのでしょうか。

ミスを恐れる気持ちが大きくなり過ぎるから起こる?

 ビギナーが苦戦を強いられやすいドライバーで、「スライスやフックをして球が大きく曲がってしまう」や「そもそもうまく当たらずに全然飛ばない」などの経験は誰にでもあると思います。

ミスを恐れて力が入ってしまうとドロップが起こりやすくなる 写真:AC
ミスを恐れて力が入ってしまうとドロップが起こりやすくなる 写真:AC

 まるで野球のフォークボールのようにボールが飛んで行ったと思ったら、すぐに落ちてしまうミスに悩んでいる人も少なくないでしょう。

【写真解説】ビシッと伸びた左腕! フォローが決まる片手打ち練習のやり方

 このような打球のことを「ドロップ」と呼びますが、なぜ起こってしまうのでしょうか。レッスンプロの山本昌夫氏は以下のように話します。

「ドロップの原因は複数考えられますが、最も多いのはティーアップが高過ぎてボールがドライバーの芯より上に当たっていることです。ドライバーの芯はフェース面の中心部分にあり、それよりもボールが上に当たるとバックスピンがかかりにくくなります。極端にフェースの上部に当たるとバックスピン量が減少し、空中を飛んでいるボールを押し上げる揚力が小さくなるので、すぐに落ちてしまうのです」

「次に、スイングのミスが考えられます。『ハンドファースト』かつ『ダウンブロー』が強くなっていると、ヘッドが最下点に到達する前にボールに当たり、上から覆いかぶさるような形でボールをこすってしまいます。適切なバックスピンを得るには、インパクト時にはロフトがついてボールを下から、アッパーに打つ必要があります。ハンドファースト&ダウンブローでは、ロフトがほとんどない垂直に近い状態なので、バックスピンがかかりにくく、飛距離も出にくくなってしまいます」

 ただし、アッパーブローが強くてもミスになることがあります。ドライバーショットはアッパー気味で打った方が良いといわれていますが、ボールをすくい上げる動きが強すぎると、フェースの下目に当たりやすく高さが出なくなってしまいます。

ティーアップの高さを変えてみよう!

 ドロップを防止するにはどのような点に気を付けるべきなのでしょうか。山本氏は以下のように話します。

高すぎるティーアップを修正するのもドロップを防ぐ方法の一つ 写真:AC
高すぎるティーアップを修正するのもドロップを防ぐ方法の一つ 写真:AC

「すぐに実践できる方法はティーの高さを変えたり、フェース面の打点を把握することです。ドロップが軽減される可能性があります。しかし、それでも解決しない場合はスイングに問題があると考えてよいでしょう」

「ハンドファーストのメリットとして、ランが出て距離が稼ぎやすいことがありますが、今回はボールがすぐに落ちるのを防がなければならないので、手元がヘッドより先行し過ぎないように、ロフトが付くようインパクトすることが重要です。また、アッパーブローを意識し過ぎてもミスが出やすいので『すくいあげる』のではなく『前に押し出す』ことを優先して考えるようにしましょう」

 セオリーでは「ドライバーで打つときのボールの位置は、やや左足に寄せる」と言われていますが、この時点で適切なアッパーブローにするための準備はでき上がっています。そのため、スイングに余計な細工をしてまでボールを高く上げる必要はないのです。

 山本氏はティーの高さやスイングに限らず、使用しているドライバーに問題があるケースもあると話します。

「ドライバーのシャフトが硬過ぎたり重過ぎたりすると、ヘッドスピードが上がらず、しなりにくく適切なロフトでインパクトできません。硬いシャフトは、あくまでもヘッドスピードが速い上級者向けのものであってビギナーが扱うのは難しいです。ビギナーは、自分のスキルでは手に負えないオーバースペックなクラブを選んでしまう傾向があるので、シャフトが軟らかめのドライバーに買い替えるか、シャフト交換をしたほうが良いと思います」

 ドライバーは、クラブ長が長いこともあり14本の中でも難しいクラブです。ミスを回避しようとしてかえって変な打ち方になり、結果的にミスを増大させてしまうことも少なくありません。肩ヒジ張らず、自然なボールの位置やクラブの振り方に気をつけることにより、打球もきれいに飛んでくれるようになるかもしれません。

なぜアマチュアは球をつかまえられないのか? どれかに当てはまる“3つの原因”と直し方とは
「左足カカト線上」を基準にしちゃダメ! カッコいいアドレスになるドライバーのセットアップ法とは?
「ワキがあく」と「ワキを締める」の境界線とは? アマチュアの80%以上が間違った意識で練習してる!?
    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.