DeNAのルーキー牧が価値ある本塁打を放った。1点を追う六回に3号2ラン。五回まで2安打に抑えられていた松葉の初球のカーブを積極的に振り抜き、「甘い球が来たら強いスイングをしようと思っていた。よい形になってよかった」と振り返った。  「前にも後ろにもいい打者がいる。凡打でもいいと思っているのが結果につながっている」と謙遜するが、四回も左前打を放ち4試合連続の複数安打。打率を4割3分1厘まで上げた。三浦監督は「マークされていた中で結果を出した。本当にすごい」と脱帽していた。 【時事通信社】 〔写真説明〕6回、逆転の2点本塁打を放つDeNAの牧=8日、バンテリンドーム

情報提供元:時事通信社
記事名:「DeNAの牧、価値ある本塁打=プロ野球