ロッテの本前が序盤に崩れた。一回先頭からの連打でピンチを広げ先制点を献上。二回には速球を狙われて2ランを浴び、三回までに5点を失った。「立ち上がりから思ったような投球ができず、修正しきれなかった」と悔やんだ。  球界屈指の右腕、山本が相手では序盤の失点が重すぎた。プロ初勝利を挙げた前回登板も速球を捉えられて3本塁打を許すなど課題を残していた。井口監督は「真っすぐをかちんといかれている。しっかりと調整が必要」と注文をつけた。 【時事通信社】 〔写真説明〕ロッテ先発の本前=8日、ゾゾマリン

情報提供元:時事通信社
記事名:「ロッテの本前、悔やむ立ち上がり=プロ野球