第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園球場)の組み合わせ抽選会が23日、オンライン形式で行われ、4度目の優勝を目指す大阪桐蔭(大阪)は第4日の第2試合で智弁学園(奈良)との対戦が決まった。智弁学園が制した昨秋の近畿大会決勝の再現となる好カード。  優勝4度を誇る中京大中京(愛知)は1回戦最後の第6日第1試合で初出場の専大松戸(千葉)と対戦。好投手の小園を擁する市和歌山(和歌山)は、第4日第1試合で30度目出場の県岐阜商(岐阜)と当たる。  開会式の選手宣誓は第1日に出場する6校の中から、仙台育英の島貫丞主将に決まった。 【時事通信社】 〔写真説明〕オンライン形式で行われた第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会=23日午後、大阪市西区(代表撮影) 〔写真説明〕次々と進められる第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会=23日午後、大阪市西区(代表撮影)

情報提供元:時事通信社
記事名:「大阪桐蔭と智弁学園が激突=オンラインで組み合わせ抽選会―選抜高校野球