【ベルリンAFP=時事】ドイツ政府は20日、養鶏業界で行われている雄のひよこの大量殺処分を禁じる政令案を閣議決定した。世界初だという。(写真は雄のひよこの殺処分への抗議として、おもちゃのひよこを作り物の細断機に投入する動物福祉活動家ら。独東部ライプチヒの連邦行政裁判所前で)
 ユリア・クレックナー食料・農業相は発表で、雄のひよこの大量殺処分禁止は2022年からで、「動物福祉にとって重要な一歩だ」と述べた。同氏は、こうした決定は「世界初」で、ドイツは諸外国の先導役となり、模範となることを望んでいると強調した。
 また、養鶏業者らは2024年から、ふ化前のひよこが痛みを感じることがないように、ふ化過程の早い段階で処分できる方法を導入することが求められる。
 ひよこの雄は卵を産まず、肉も雌に比べて少ない。多くの養鶏場では、ひよこがふ化するとすぐに雄と雌が選別され、雄は粉砕機やガスによる処分が行われる。
 動物福祉活動家らはこうした慣行の廃止を訴えてきたが、農家らは実用的かつ安価で、残酷ではない代替法などないと反論していた。
 ドイツ企業が開発した代替法の一つに、殻にレーザーで小さな穴を開け、受精卵内の液体を採取し、雌ホルモンの有無を調べるというものがある。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/01/22-11:13)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「ドイツ、雄ひよこの大量殺処分禁止へ 世界初