【香港AFP=時事】香港で昨年、民主派デモの最中に警察に銃で撃たれ、その後起訴されていた元男子高校生が出廷せず、22日に逮捕状が出された。ある活動家団体は、被告は「亡命した」と主張している。(写真は曾志健被告)
 曾志健被告(19)は、暴動と警察襲撃で罪状認否を行う予定だったが、出廷しなかった。
 7か月以上続き、暴力沙汰も多かった香港の大規模民主派デモで、初めて実弾で撃たれたのが曾被告だった。
 曾被告に対する逮捕状が出されて間もなく、活動家団体「香港の友(FOHK)」は、10月27日に在香港米領事館で亡命しようとしたが認められなかった4人の中に、曾被告もいたと発表した。
 ただ同団体は、曾被告が他の活動家ら同様、外国に脱出したかどうかには言明しなかった。
 AFPは10月に曾被告にインタビューを行っていた。その中で被告は、撃たれたことで「人生が完全に変わった」と語り、高校を中退して肺の一部の切除を受けたと明かしていた。
 最近著名な活動家や元弁護士らが、亡命を相次いで発表。中には、抗議活動をめぐり訴追されている人もいる。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/23-08:52)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「香港デモで警察の銃撃受けた元高校生、出廷せず 亡命か