【シンガポールAFP=時事】乗客1人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことから中断されたシンガポール発着の「どこにも行かないクルーズ」について、当局は10日、この乗客に3回目の検査を行った結果、男性が新型ウイルスに感染していないことが分かったと発表した。(写真は「どこにも行かないクルーズ」の途中でシンガポールに引き返したクァンタム・オブ・ザ・シーズ号)
 シンガポールでは旅行制限の影響でクルーズ船の運航は数か月間中止されていたが、先月ようやく、どこにも寄港しないクルーズ旅行が開始されていた。
 しかし、米客船大手ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航するクァンタム・オブ・ザ・シーズ号の乗客(83)が、新型ウイルス検査で陽性反応を示し、同船は4日間の旅の3日目でシンガポールに引き返すことになった。当時船には乗客1680人と乗組員1148人が乗っていた。
 シンガポール保健省によると、3回目の最後の検査を行ったところ、男性がコロナに感染していないことが10日に確認されたという。
 シンガポールの観光当局は、新型ウイルス流行で大打撃を受けたクルーズ業界の再生を目指す「どこにも行かないクルーズ」は継続すると明らかにし、今回の出来事への迅速な対応をたたえた。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/11-13:17)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「コロナで中断の「どこにも行かないクルーズ」、乗客は偽陽性と判明