【ニューヨークAFP=時事】英ロックバンド、ビートルズの元メンバー、ジョン・レノンさんが凶弾に倒れてから40年がたった8日、妻のオノ・ヨーコさん(87)はツイッターへの投稿で、銃規制を呼び掛けた。(写真はオノ・ヨーコさん)
 オノさんは「愛する人の死は心をえぐられるような経験。40年たった今でもショーン、ジュリアンと私は彼がいなくて寂しい」とし、レノンさんと共作した1971年のヒット曲「イマジン」の歌詞を引用し「すべての人々が平和に暮らすのを想像してみてほしい」とコメント。投稿には血痕がついたレノンさんの眼鏡の画像と「ジョン・レノンが1980年12月8日に射殺されて以降、米国では14万3600人以上が銃により亡くなった」とのメッセージを添えた。
 当時40歳で、息子ショーンさんの育児のために5年間活動を休止した後、音楽活動を再開したばかりだったレノンさんは、オノさんと共にニューヨーク・マンハッタンのセントラルパーク前にある自宅アパート「ダコタ・ハウス」に戻ったところを、自身に恨みを持ったビートルズファンのマーク・デビッド・チャップマン受刑者により銃で撃たれた。オノさんは現在もこのアパートに住んでいる。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/09-10:34)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「オノ・ヨーコさん、銃規制訴え ジョン・レノンさん没後40年