【ワシントンAFP=時事】米首都ワシントンのスミソニアン国立動物園は7日、今月中国への返還期限を迎えたジャイアントパンダについて、貸与期間をさらに3年間延長することで、中国野生動物保護協会(CWCA)と合意したと発表した。(写真は赤ちゃんパンダのシャオチージー。米ワシントンのスミソニアン国立動物園にて。同園提供)
 この合意により、22歳のメス、メイシャン(美香)と23歳のオス、ティアンティアン(添添)、そして今年8月21日に2頭の間に生まれたシャオチージー(小奇跡)は、2023年12月に中国に返還されることになった。
 スミソニアン国立動物園は1972年から中国のジャイアントパンダを飼育しており、2000年12月にメイシャンとティアンティアンを迎えた。シャオチージーは2頭の間に生まれ、生存する4番目の子ども。他3頭は中国に返還されている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/08-15:47)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「米首都のパンダ、貸与期間3年間延長へ 米中合意