【ロサンゼルスAFP=時事】2007年の映画『JUNO/ジュノ』で米アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたカナダ人俳優のエレン・ペイジさん(33)が1日、トランスジェンダーであることを公表し、「エリオット・ペイジ」への改名を発表した。ペイジさんは公表について喜びを表明する一方で、反発への不安も吐露した。(写真はトランスジェンダーであることを公表したエリオット・ペイジさん)
 ペイジさんはソーシャルメディアへの投稿で「ようやく、本当の自分を追求できるほど自分を愛せるようになった」として、これまでの道のりを支えてきたトランスジェンダーの人々に感謝。「自分がトランスであること、クィアであることがうれしい」と宣言した。
 ペイジさんは「今、本当に幸せな気持ち」としつつも、「(プライバシーの)侵害や、憎悪、『ジョーク』や暴力が怖い」と告白。一方で、「トランス医療を犯罪化し、私たちが存在する権利を否定する」政治家や、「巨大プラットフォームを使い、トランスコミュニティーに対して敵意をぶつけ続ける」著名人を批判した。
 ペイジさんは、低予算ながらヒットした『ジュノ』で妊娠したティーンエージャーを演じて脚光を浴びた後、コメディー映画『ローラーガールズ・ダイアリー』(2009年)、米俳優レオナルド・ディカプリオさんと共演した人気SF映画『インセプション』(2010年)、ウディ・アレン監督のコメディー映画『ローマでアモーレ』(2012年)などに出演。
 2014年には同性愛者であることを公言し、米映画界の性的少数者(LGBTQ)を代表する存在となった。2018年にはダンサーのエマ・ポートナーさんと結婚。最近ではネットフリックスのスーパーヒーロードラマ「アンブレラ・アカデミー」に出演している。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/02-10:09)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「『ジュノ』のE・ペイジさん、トランスジェンダー公表