【ペルピニャンAFP=時事】フランス南西部ペルピニャンで1日、自宅寝室の床から起き上がれず、体が大きすぎるためにドアや階段を通って運び出すこともできない肥満男性の救助が行われ、警察官や救助隊員、医師ら約50人が動員された。(写真はフランス南西部ペルピニャンで、肥満男性の救出にあたる救急医療サービス<SAMU>の医師ら)
 体重約300キロのアラン・パナビエールさん(53)は、自宅で数か月間、身動きが取れなくなっていた。代理人によると、「おそらく脚を骨折した後」、身動きが取れなくなったという。
 兄弟の一人が飲食の世話をしていたが、パナビエールさんの容体は急激に悪化。代理人は10月末、ジェラルド・ダルマナン内相に書簡を出し、緊急の救助を求める嘆願書を送った。その数日後、パナビエールさんとフランスの肥満症予防団体は「危険な状態にある人の支援を怠った」として提訴していた。
 警察は、2階建てのパナビエールさん宅前の狭い道を封鎖し、救助を開始。事故に備えて、近隣住民にも自宅からの一時退去を要請したという。
 現場で取材したAFP記者らによると、建物が構造的に安定するよう補強した後、2階の外壁に穴が開けられた。その後、点滴につながれたパナビエールさんは、クレーンにつられた金属製のコンテナに慎重に移された。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/02-10:04)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「体重300キロ、自宅で身動き取れなくなった仏男性を救助 クレーンも投入