センターバックに入った谷口が好アピールした。後半3分に右CKを頭でそらし、先制点を演出。ピンチは少なかったが、ゴール前で体を張って逃げ切りに貢献した。不動のレギュラーの吉田と冨安がU24代表に合流して不在。「チャンスだと思っていた。手応えを感じている」と満足そうだ。  J1で首位を独走する川崎で主将を務め、リーグを代表する守備の要に成長した29歳。約3年半ぶりに招集された今回はボランチでも起用され、視野の広さを生かした縦パスを前線に送る場面も。「強気にやれた。可能性は制限せずやっていきたい」と高みを見据えた。 【時事通信社】 〔写真説明〕セルビア戦の前半、パスを出す谷口(中央)=11日、ノエビアスタジアム神戸

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 谷口、攻守にアピール=サッカー日本代表戦