西武は走塁で痛い判断ミスが出た。1点を追う九回2死一塁で、代打中村が外角低めの速球を捉えて右中間へ。右翼手からの返球が乱れた間に、一塁走者の岸は一気に本塁を狙ったが憤死した。次が3番森だっただけに無理しなくてもよかった場面。辻監督は「次の打者を考えるとね。でも、責められない。カットマンがちょっと崩れたところで勝負を懸けたんだから」と淡々と話した。 【時事通信社】 〔写真説明〕9回、西武の代打・中村の安打で一塁走者の岸(右)が本塁を狙うもタッチアウト。左は中日の捕手・木下拓=11日、メットライフ

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 西武、痛い判断ミス=プロ野球