中日は三回に大島の中前打、高橋周の犠飛で2点を先制。四回は堂上の中前打などで3点を加え、七回には敵失で加点した。大野雄が7回3失点で3勝目。その後は4投手をつないで逃げ切った。西武は八回に1点差に迫ったが及ばなかった。 【時事通信社】 〔写真説明〕力投する中日先発の大野雄=11日、メットライフ

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 大野雄が3勝目=プロ野球・西武―中日