【ニューヨーク時事】米大リーグのレイズは11日、筒香嘉智外野手(29)をメジャー出場の前提となる40人枠から外し、事実上の戦力外とした。2年契約最終年の今季は26試合で打率1割6分7厘、0本塁打、5打点と不振だった。  ウエーバーにかけられ、獲得を希望する球団がなければ自由契約となって移籍を模索するか、マイナー降格などの可能性がある。ニアンダー・ゼネラルマネジャーは「期待した結果ではなかった。野球に真摯(しんし)に取り組んでいたので悲しい決断。まだ本来の力が出ていないと思うし、3Aでやってほしい気持ちはある」と述べた。  筒香は2019年オフにDeNAからポスティングシステムを使って大リーグ移籍を目指し、レイズと2年総額1200万ドル(当時のレートで約13億1000万円)で契約。大リーグ通算成績は打率1割8分7厘、8本塁打、29打点。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 筒香、戦力外に=レイズ2年目も打撃不振―米大リーグ