日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(67)の報酬隠しに関与したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元側近の同社元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)の公判が12日、東京地裁(下津健司裁判長)であり、被告人質問が始まった。ケリー被告は「私は関与しておりません」と述べ、無罪を主張した。  弁護側の質問に対し、ケリー被告はゴーン被告との共謀を否定。検察側がゴーン被告の「未払い報酬」を支払うためにケリー被告が作成したと主張する書面についても、「日産の利益のためにゴーン被告を引き留める方法を考えた」と反論した。被告人質問は計11期日予定されている。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 元側近「関与していない」=ゴーン前会長報酬隠し―初の被告人質問・東京地裁