巨人の高橋は好投が報われなかった。切れのある球で7回1失点。勝ちがつけばシーズン初登板から6戦全勝となり、1936年秋の沢村栄治らに並ぶ3人目の球団記録だった。惜しくも逃したが、「(記録を)意識した中で、試合をつくれたのは自信になる」とうなずいた。  三回2死満塁では鈴木誠を強気の直球攻めで空振り三振に。「真っすぐしかないと思い、いい結果につながった」という。自身の開幕からの連勝は継続中。「次は勝ち切りたい」と頼もしかった。 【時事通信社】 〔写真説明〕力投する巨人先発の高橋=4日、マツダスタジアム

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 巨人の高橋、記録逃すも好投=プロ野球