楽天の村林が6年目でプロ初本塁打を放った。5点を追う五回、無死一塁で高めの直球を振り抜き、逆方向の右翼席へ。敗れたものの一方的な展開にはさせず、「手応えはあった。つなぐ意識が良い結果につながった」と振り返った。  内野手の層が厚く、スタメンの機会は限られる。「レギュラーを取るためにやっている。少ないチャンスで打つことで良いアピールができたら」と表情を引き締めた。 【時事通信社】 〔写真説明〕5回、2点本塁打を放つ楽天の村林=4日、ペイペイドーム

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 6年目の村林、プロ1号でアピール=プロ野球・楽天