規定により九回6―6で引き分けた。西武は2―4の五回に呉念庭、愛斗の連続適時打で3点を挙げ、六回に栗山の内野安打で1点を加えた。オリックスは八回に代打ロメロの2ランで追い付いた。その後は互いに救援陣が踏ん張った。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 6―6で引き分け=プロ野球・西武―オリックス