規定により九回1―1で引き分けた。巨人は四回にウィーラー、若林、炭谷の3連打で先制。広島は五回にクロンの二塁打から1死三塁とし、床田の犠飛で追い付いた。高橋と床田はともに7回1失点。その後は互いに救援陣が好投した。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 広島が追い付き分ける=プロ野球・広島―巨人