中日が序盤に8点を奪って逃げ切った。一回に高橋周と阿部の2点適時打で先制。二回に1点差に迫られたが、三回に根尾がプロ1号の満塁本塁打を放った。大野雄が7回4失点で2勝目。DeNAは大貫が乱調で、連勝が3で止まった。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 中日、序盤に大量点=プロ野球・中日―DeNA