【ニューヨーク時事】22日のニューヨーク株式相場は、米政権による増税案をめぐる報道が嫌気され、反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比321.41ドル安の3万3815.90ドル(暫定値)で終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は131.81ポイント安の1万3818.41で引けた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 NY株、反落=増税案めぐる報道嫌気