【イスタンブール時事】イスラエルのネタニヤフ首相は12日、オースティン米国防長官とエルサレムで会談した。ネタニヤフ氏は会談後、記者団を前に「イランは核兵器獲得を諦めず、イスラエルの壊滅を求めている。核の能力を獲得するのを許さない」と強調した。  バイデン米政権はトランプ前政権が離脱したイラン核合意への復帰を視野に入れている。合意離脱を高く評価していた対イラン強硬派のネタニヤフ首相は、バイデン政権の動きを強く懸念。発言で米側をけん制した形だ。一方、オースティン氏は中東地域におけるイスラエルの「軍事面での優位性を保証する」などと述べるにとどめ、対イランでの温度差が浮き彫りになった。 【時事通信社】 〔写真説明〕12日、エルサレムで、声明を発表するオースティン米国防長官(左)とイスラエルのネタニヤフ首相(EPA時事)

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 「イランの核許さず」=イスラエル首相、米国防長官と会談