ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は8日の決算会見の席上、中国・新疆ウイグル自治区での人権侵害問題や取引について問われ、「政治的に中立的でいたい。ノーコメントだ」と述べた。自社製品に新疆産綿花を使用しているかどうかについても明言を避けた。  同自治区をめぐっては、米ナイキなどのアパレルメーカーが人権侵害を理由に新疆産の綿花を使わないなどと表明。中国国内で不買運動が広がっている。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 ウイグル問題「ノーコメント」=新疆綿使用の有無も答えず―ファストリ柳井氏