2020年に警察が大麻事件で検挙した人数が前年比713人増の5034人となり、4年連続で過去最多を更新したことが8日、警察庁のまとめで分かった。20代以下で急増した。大麻の危険性への認識が低いことが要因とみられ、同庁は広報啓発を強化する。  20代が同590人増の2540人で半数を占め、20歳未満は278人増の887人だった。各年代のうち大学生は87人増の219人、高校生は50人増の159人でいずれも過去最多となり、中学生も8人いた。一方、30代以上は155人減った。大麻を栽培したとして検挙されたのは、68人増の232人と大幅に増えた。  大麻の所持容疑で検挙されたうち748人について警察庁が調査した結果、危険性の認識がない人は78.2%に上った。17年の調査から約14ポイント上昇し、危険性を軽視する傾向が強まっているとみられる。  大麻を初めて使用した年齢は20代以下が大半で、「誘われた」が最多。動機は「好奇心・興味本位」が最も多く、「その場の雰囲気」が続いた。危険性が低いという情報は「友人・知人」から得るケースが最多で、インターネットが続いた。  同庁は「大麻は脳に影響を与える違法薬物。危険性を正しく認識して、周囲からの誘いを断れるような広報啓発に努めたい」としている。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 大麻検挙、最多5034人=昨年、20代以下で急増―危険性認識低く・警察庁