【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は7日、声明を発表し、トランプ前政権が中止した国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対する拠出などパレスチナへの経済支援を再開する方針を明らかにした。総額は2億3500万ドル(約258億円)。バイデン政権は、支援再開を機にトランプ前政権下で断絶状態になったパレスチナとの関係修復を図りたい考えとみられる。  パレスチナ自治政府のシュタイエ首相はツイッターで、支援再開を歓迎。米側に「新しい政治的な道筋の構築」を呼び掛けた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米、パレスチナ支援再開へ=中東和平推進は不透明