【ワシントン時事】ブリンケン米国務長官は7日、イラクのフセイン外相とテレビ電話を通じて戦略対話を行い、イラクに駐留する米軍戦闘部隊を撤収することで合意した。過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦のために駐留していた米軍部隊は縮小され、今後はイラク治安部隊の訓練や助言任務だけを行う。  両政府は共同声明で「米軍はイラク政府の招待に基づき、イラク治安部隊の対IS戦を支援するために駐留している」と強調。その上で「イラク治安部隊の能力向上」により、「米軍戦闘部隊のイラクからの再配置が可能になった」と明記した。撤収時期は今後協議される。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米、イラクから戦闘部隊撤収へ=戦略対話で合意