2016年4月の熊本地震で崩落した国道325号阿蘇大橋ルート(熊本県南阿蘇村)が7日、開通した。震災から約4年11カ月。熊本市方面と阿蘇地域をつなぐ国道、県道の復旧が全て完了した。「阿蘇の玄関口」の開通で、観光復興にも期待が寄せられている。  この日開通したのは、旧橋から約600メートル南に架け替えられた「新阿蘇大橋」(525メートル)。片側1車線で、歩道も整備された。  同日午前に行われた開通式には、赤羽一嘉国土交通相や蒲島郁夫県知事ら約50人が出席。赤羽国交相は「地震からの復興が国民全体に勇気と希望を与えることを祈念する」と述べ、蒲島知事は「観光や産業の復活に大きな効果をもたらす」と期待を込めた。 【時事通信社】 〔写真説明〕架け替えられた新阿蘇大橋=2月24日、熊本県南阿蘇村(国土交通省熊本復興事務所提供)

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 崩落の阿蘇大橋が開通=熊本地震から4年11カ月―観光復興に弾み