各国の司法担当閣僚らが犯罪対策などを話し合う「第14回国連犯罪防止刑事司法会議」(京都コングレス)が7日、京都市の国立京都国際会館で開催された。新型コロナウイルスの感染拡大後、国内で大規模国際会議が開催されるのは初めてで、菅義偉首相も出席。刑事司法分野で各国が取り組むべき方策を示す「京都宣言」を採択した。  開会式であいさつした首相はコロナ禍でサイバー攻撃やオンライン詐欺が相次いでいると指摘。「『安全・安心な社会』は社会・経済の回復を実現する上での大前提だ。国際社会はコロナ禍での犯罪防止を強化するとともに、刑事司法制度を十分に機能させるため、団結して対処していく必要がある」と訴えた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 国連刑事司法会議が開幕=菅首相「犯罪防止で団結」訴え―「京都宣言」採択