• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • じゃらん
  • 楽天トラベル

MotorFanの記事一覧

ポルシェ・タイカン ターボ | まるで『宇宙戦艦ヤマト』の波動砲 心のセーフティロックを解除し、発射するつもりでアクセルペダルを強く踏み込むと弾けたように加速する

2021.01.10 12:40

ポルシェ初の電動4ドアスポーツカー、タイカン(TAYCAN)に試乗した。試乗したのは、タイカン ターボである。もちろん、「ターボ」とあるからといってエンジンが載っているわけではない。タイカンターボ、期待を裏切らない、というか大きく...続きを読む

【理想の2台持ち|スバル・レヴォーグ&プジョーe-208】レヴォーグは購入済み!期待通りの素晴らしいクルマ(まるも亜希子)

2021.01.10 10:05

娘さんが6歳になったまるも亜希子さんが選んだ「理想の2台持ち」は、スバル・レヴォーグとプジョーe-208。すでにレヴォーグは購入済みで、ファミリーカーとして大活躍中。もう1台はエコなアシグルマとしてe-208が候補だが、自宅に充電...続きを読む

内燃機関超基礎講座 | ホンダIMA:「モーターを組み込んだエンジン」という在り方

2021.01.10 09:35

「新たにハイブリッドシステムを開発しようとしたとき、まず選ぶのがウチのシステムだろう」と、ある開発担当者は語る。1モーターのパラレルハイブリッドは構造がシンプルなだけに、飛びつきやすい。だが、カタチだけ真似ても燃費は出ない。10年...続きを読む

2020年、じつはトヨタ・ヤリス+ヤリスクロスよりライズ+ロッキーの方が売れた!

2021.01.09 17:15

2020年の国内の乗用車ブランド通称名別順位でトップの座に就いたのは、トヨタ・ヤリスだった。ヤリスはクロスオーバーのヤリスクロスの販売台数も含まれるという事情もあるが、1位は1位。ここでは日本自動車販売協会連合会の2020年データ...続きを読む

3代目ホンダ・フィット | ハイブリッドシステムを高出力モーター内蔵7速DCTの「スポーツハイブリッドi-DCD」に一新

2021.01.09 15:35

中古車は世代が古く低年式なモデルほどお買い得かと言えばさにあらず。生産終了から年月が経つにつれ残存台数が減り、希少価値が上がることで相場が高騰することは珍しくない。 また本体価格が安かったとしても程度の良い個体が少ない、あるいは部...続きを読む

走って良し、聴いてよし。三菱エクリプスクロスPHEVは、ランエボ世代が2020年代を共に過ごすクルマにふさわしい

2021.01.09 11:45

三菱エクリプスクロスにマイナーチェンジで新たに設定されたPHEVモデルに試乗した。アウトランダーPHEV譲りのパワーユニットを搭載したエクリプスクロスPHEVだが、その走りは期待を大きく上回るものだった。これって、ほんとにSUV?...続きを読む

内燃機関超基礎講座 | スクデリエンジン──2気筒なのに1気筒運転。なぜスプリットにするのか。

2021.01.09 11:25

2011年の東京モーターショー会場に、ひっそりと展示されていた切削加工も生々しいプロトタイプエンジン。これこそが、技術的に困難とされていたスプリットサイクルを実現したスクデリエンジンの実物であった。火花点火機関を効率良く運転するた...続きを読む

【35万7500円】新型ホンダPCX125とヤマハNMAXは価格が同じだから悩む!|あれこれ比べてみた。

2021.01.09 08:55

ホンダの人気スクーター「PCX」「PCX160」「PCX e:HEV」がフルモデルチェンジされて2021年1月28日(木)に発売。ここでは125ccエンジン搭載の原付二種モデル「PCX」と、ライバル車であるヤマハNMAX ABSの...続きを読む

陸上自衛隊:長距離阻止砲撃! 遥か遠方の目標を粉砕する地対地ロケット弾「多連装ロケットシステムMLRS」

2021.01.09 08:05

陸上自衛隊の火砲・ミサイル部隊である野戦特科職種が装備する長距離砲撃装備が「多連装ロケットシステムMLRS」だ。当初、日産がライセンス生産していたMLRS。日産が軍事部門が閉じたあとは、IHIエアロスペースが引き継ぎ、生産を担当し...続きを読む

【理想の2台持ち|MINIクロスオーバー&マツダ・ロードスター】SUVとスポーツカー、この組み合わせが鉄板!(竹岡圭)

2021.01.09 08:05

TVやYouTubeでも軽妙なトークで楽しませてくれる竹岡圭さんが選んだ「理想の2台持ち」は、MINIクロスオーバーとマツダ・ロードスター。SUVとスポーツカーという組み合わせは、多くのクルマ好きが共感できるのではないだろうか。 ...続きを読む

ページトップ