• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • じゃらん
  • 楽天トラベル

MotorFanの記事一覧

内燃機関超基礎講座 | バランサーをどこにどのように置くか。さまざまなトライ。

2021.01.17 10:20

バランサー(バランスシャフト)の役目はご存じ、エンジンの振動抑制。実際の構造と置き方について紹介しよう。 TEXT:牧野茂雄(MAKINO Shigeo)エンジン振動を抑える手段として古くから使われてきたのがバランサーである。1次...続きを読む

【理想の2台持ち|シトロエンGS&ホンダe】年の差50歳!新旧アヴァンギャルドを交互に楽しみたい(森口将之)

2021.01.17 10:05

フランス車通としても知られる森口将之さんが選んだ「理想の2台持ち」はシトロエンGSと、ホンダe。1971年製のクラシックモデルと、最新の電気自動車という組み合わせだが、両者に共通するキーワードは「アヴァンギャルド」だ。 TEXT●...続きを読む

キャデラックXT4は、トヨタRAV4並のボディサイズで存在感あり、パワートレーンもハイスペックで価格はドイツ・スウェーデンのプレミアムSUVよりリーズナブル!

2021.01.17 07:00

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、キャデラック初のコンパクトSUV、「キャデラックXT4」を発表・発売した。キャデラックのSUVシリーズでもっともコンパクトなサイズのXT4。世界的に人気の高いコンパクトSUV市場にGMが投入する戦略...続きを読む

新型コロナウイルス蔓延により開催中止となってしまった東京オートサロン2021を、バーチャルで体験できる「バーチャルオートサロン2021」が開催中!

2021.01.16 14:25

残念ながら新型コロナウイルスの影響でリアルイベントは開催中止となってしまった今年の東京オートサロン。いま、バーチャルで開催中! スマホやPCで誰でもアクセスできるから、ぜひ一度覗いてみてほしい。では、3D空間に入り込み、会場内をじ...続きを読む

定番強し!日本の輸入車市場をリードしてきたのは、この5台!VWゴルフ、BMW MINI、メルセデス・ベンツCクラス、そして……輸入車TOP10

2021.01.16 13:45

2020年は約30万台の輸入乗用車が販売された。売れたのはどのモデルなのか? JAIA(日本自動車輸入組合)のデータで見てみよう。2003年からのTOP10のデータも振り返りながら、「日本人が好きな輸入車」がどのモデルなのかも考え...続きを読む

海上自衛隊:サブマリンハンター「P-3C哨戒機」、多様で長時間の任務に応え飛び続けるロングセラー機

2021.01.16 10:00

海上自衛隊は艦艇だけを使う組織ではなく航空機も保有・運用している。運用する機体には固定翼機と回転翼機(ヘリコプター)があり、双方合わせて約175機を保有している。海自はフネだけでなく、ヒコーキも多用する組織だ。その固定翼機も大小さ...続きを読む

【理想の2台持ちの選び方】ホンダ・ビートと日産R34スカイラインは買値で売却!2台目は値落ちしにくい車を選ぶべし(橋本洋平)

2021.01.16 10:00

これまで、数々の2台持ちを実践してきた橋本洋平さん。そこから導き出された教訓の一つが、「2台目は値落ちしにくい車を選ぶ」ことだという。そのいい例が、買値で売却できた日産スカイライン(R34)とホンダ・ビートだ。 TEXT●橋本洋平...続きを読む

235kW(315ps)のB57ハイパフォーマンスディーゼルが使う

2021.01.16 09:00

ボルグワーナーのターボチャージャーがBMWの3.0ℓ直列6気筒ディーゼルの性能向上に貢献している。「R2S」と呼ばれるこのターボシステムの今回のハイライトは、可変タービンジオメトリーターボをふたつ組み合わせる点である。ボルグワーナ...続きを読む

【動画解説】1,802ccボクサーツインエンジン搭載のBMW Motorrad R-18、荒々しさは皆無

2021.01.16 05:00

BMW Motorradから登場したビッグ・クルーザー、R-18。1.8Lのボクサーツインエンジンをたっぷりと堪能した。新規開発された搭載エンジンは、ボア・ストロークが107.1×100mmというショートストロークタイプの水平対向...続きを読む

フォルクスワーゲンの2020年世界販売台数は前年割比15.1%減となる532万8000台を記録。一方でEVの販売は約3倍に増加

2021.01.15 20:35

フォルクスワーゲンはこのほど、2020年のグローバル販売実績を公開し、前年実績と比べて15.1%減となる532万8000台を記録したことを発表するとともに、新世代コンパクトEV「ID.3」を含むピュアEVの販売台数が前年比で3倍に...続きを読む

ページトップ