• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • ベルメゾンネット

外車王SOKENの記事一覧

愛車を手放した瞬間、それはもう「別の何かに変わっている」という残酷な事実

2020.08.16 00:00

それまで生活をともにしてきた愛車との別れのきっかけや理由は人それぞれ。 筆者の場合、子どもが産まれたのを機に「おそらく、生涯買うことはない(買うつもりはない)」と思っていたミニバンに乗り換えたことがきっかけでした。家族やベビーカー...続きを読む

コロナ禍だからこそ実感した「出会い・再会の歓び」。オートモビル カウンシル2020

2020.08.15 00:00

パリで開催されるレトロモビルのようなイベント。博物館や美術館のように見学しては酔い、浸り、憧れることができる上に、希望すれば購入することができるのですから…。去る7月31日から8月2日にかけて開催された「オートモビル カウンシル2...続きを読む

25歳の筆者が、なぜ「自身と同世代のネオクラシックカー」に魅了されるのか?

2020.08.10 00:00

筆者が試乗インプレッションを担当しているYouTubeチャンネル「外車王TV(外車王SOKENの姉妹メディア)」やプライベートを含め、これまで新旧さまざまなクルマに100台以上は乗ってきたと思う。その経験のなかで、日々、感じること...続きを読む

コロナ禍におけるささやかな喜び!オートモビル カウンシル2020現地レポート!

2020.08.09 00:00

イベントレスになりかけていたみなさま、お待たせいたしました!! 去る7/31(金)~8/2(日)、幕張メッセでは『オートモビル カウンシル2020』が満を持して開催されました。 実はこのイベント、本来ならば4月の上旬におこなわれる...続きを読む

なぜ、旧いクルマのデザインは秀逸なのか?[part6:スーパーカー世代を魅了したリトラクタブル・ヘッドライト]

2020.08.08 00:00

スーパーカー世代を経験した人であれば誰もが「リトラクタブル・ヘッドライト」に憧れたのではなかろうか? 男の子のハートをわしづかみにするギミックとしてもっとも愛されたアイコンだ。現在では生産されなくなってしまったリトラクタブル・ヘ...続きを読む

ポーランド、国産電気自動車の開発

2020.08.04 00:01

ポーランドが国産電気自動車の開発に乗り出した。複数の国営エネルギー会社が共同で設立した新会社エレクトロモビリティ・ポーランド(EMP)は7月28日、プロトタイプ2モデルをオンライン上で披露した。ブランド名「IZERA」は、エルベ川...続きを読む

守備範囲を広げると楽しさ100倍?多彩な趣味生活・11のススメ

2020.08.02 00:00

クルマ好きといわれる人のなかには、実車のクルマ以外にもいろいろな趣味を楽しんでいる人がいます。例えば、二輪車、自転車、時計、カメラ、お酒、鉄道などなど。そのジャンルは人によってさまざまですが、共通するのは複数の趣味を同時並行するこ...続きを読む

甦る名機。敏腕エンジンビルダー・富松拓也さんのポルシェ 356B 2000GS カレラ2復活記

2020.08.01 00:00

以前、こちらに登場していただいた「トミタクさん」こと富松拓也(とみまつ・たくや)さん。トミタクさんのガレージにお邪魔して愛車を取材中、ガレージに入庫していたポルシェ 356B 2000GS カレラ2のエンジンを見せていただきました...続きを読む

26歳の筆者が、愛車・ポルシェ ボクスターを個人間カーシェアしてみて思うこと

2020.07.30 00:00

筆者は、とある企業に勤める26歳の会社員です。このたび、ご縁あって今回より外車王SOKENで連載の枠をいただくことになりました。 2020年の上半期は、新型コロナウイルスの影響により、あらゆる分野が大きな打撃を受けました。しかし、...続きを読む

ドイツで市場価値の下がらない人気の中古車は、日本でも定番の「あのドイツ車」

2020.07.29 00:00

「ドイツは自動車大国」。よく使われるフレーズですが、筆者は先日、思わぬかたちでそれを実感することになりました。そろそろ新しい愛車が欲しいなと思い、ドイツの中古車情報が出ているウェブサイトをいくつか見て回るのが日課になっているのです...続きを読む

1 / 3123
ページトップ