yahoo

<グランドネクスト不動産>運営メディアの「不動産購入の教科書」を「不動産とくらしの評判」に変更

2022.11.18 12:00
rss PRワイヤー
マネー
コメントする
不動産という範囲を超えて、不動産と暮らし全般について有益な情報を伝えるメディアへ
安全な不動産取引と取引手数料の適性化をWebで追求する、グランドネクスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 小島 優一)は、この度、自社で運営するメディアの「不動産購入の教科書」を「不動産とくらしの評判」に変更した事をお知らせします。
併せてメディアのロゴもリニューアルしました。
 
【画像:
https://kyodonewsprwire.jp/img/202211179977-O1-djloh5am
メディア名称変更の背景
当社はこれまで「不動産」に特化したコンテンツをアップして参りました。お陰さまで多くの方に見られるメディアへと成長しております。
今後は「不動産」という枠を超え、暮らしを含むメディアへと舵を切ることになりました。
今までの不動産に関する話題に加え、暮らしに関連する情報も随時アップしていく所存です。
同時にロゴも「不動産とくらしの評判」しました。
グランドネクストについて
当社は、駅前などに販売店舗を持たず、Webで事業を展開して2020年11月に会社設立10周年を迎えました。引き続き皆様からのご期待にお応えできるよう、社員一同精一杯努力する所存です。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
メールでの問い合わせ:
https://www.grand-next.jp/contact/
ホームページ:
https://www.grand-next.jp/
当社ホームページでは、不動産会社が利用している、“正確な価格査定サイト”や“大手不動産会社で購入するメリット”などの不動産実務に則した情報の発信を行っています。
なぜなら、不動産売買の検討者が販売会社から事実とは異なる説明を受け、実際より高い価格で購入したり、欠陥や法的な問題を抱えているような不動産を契約してしまうことを事前に防ぐためです。
また、当社代表小島は、不動産会社経営者として過去7年間で約500件の取引実績の経験を活かし、今年3月17日(水)より、「幻冬舎ゴールドオンライン」サイトで連載をスタートしました。実需の国内不動産の売買時において「資産を守る」という視点で、不動産業界の「消費者に有害な嘘」などを解り易く伝えてまいります。
不動産会社の「嘘」に騙されないために
「売り出し中のマンション内覧」を断られるとんでもない理由
https://gentosha-go.com/articles/-/32112
仲介手数料0円(または半額)を実現
不動産売買の仲介手数料は、『取引価格の3%+6万円+消費税(現行10%)』が業界の慣例ですが、当社では仲介手数料を0円、または半額の設定をしています。これは、10年間の積極的な Web 展開による経験、知見の蓄積によって、店舗費用や広告費などのコストを削減することで実現しています。
安全な不動産取引を実現しつつ、顧客への不動産情報の伝達コストを引き下げることで、不動産取引時に契約者が支払う仲介手数料を一般的な不動産会社と比較して、大幅に引き下げています。
●会社概要
会社名:グランドネクスト株式会社
設立:2010年11月5日
資本金:1,000万円
代表取締役:小島 優一
新宿オフィス 〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目3-12 壱丁目参番館 3階
横浜オフィス 〒222-0011 神奈川県横浜市西区新高島1-2-5 横濱ゲートタワー3階
大宮オフィス 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目109番地 大越ビル 6階
事業内容:不動産売買仲介業・不動産賃貸管理業
許認可:宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(1)第9883号
加盟団体:公益社団法人全日本不動産協会・公益社団法人不動産保証協会・公益社団法人首都圏公正取引協議会
ホームページ:
https://www.grand-next.jp/
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間