工場・インフラ施設の地震被害把握に役立つ「SI値表示サービス」を提供開始!

 白山工業株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長:吉田稔
https://www.hakusan.co.jp/
)は、工場やインフラ施設の地震被害把握に役立つ新サービス「SI値表示サービス」を開発、9月29日から提供開始※1します。
SI値(スペクトル強度)は、地震動の破壊力を表す指標の一つです。指標の一つである加速度と比較した場合、SI値の方が建物(構造物)の被害と相関が高いとされており、ガス業界や工場、鉄道施設での稼働停止や点検実施の判断を行うための指標として幅広く活用されています。
サービスで算出されたSI値は、「IoT地震観測サービス」のクラウドサービスGeonavi上でマップ/リスト表示されることで、組織として被害状況の一元把握が可能となり、迅速な初動対応に繋がります。
【画像:
https://kyodonewsprwire.jp/img/202209136418-O7-QT04979v
 
【画像:
https://kyodonewsprwire.jp/img/202209136418-O8-G42rGKn3
背景・経緯 
 本サービスが提供されるIoT地震観測サービスは、2020年4月の提供開始以降、広域・多拠点の地震観測を低価格で行えるサービスとして、製造業、不動産業、物流施設、大学など様々な業界で活用されてきました。
サービス開始当初から、地震計で計測した地震動記録に基づいて、地震毎の震度、最大加速度、簡易被災度推定機能を提供してきましたが、今回、ユーザーからの要望が多かったSI値について開発を行い、クラウドサービスGeonavi上でマップ/リスト表示できるようになりました。
 
MAP表示画面サンプル
 
【画像:
https://kyodonewsprwire.jp/img/202209136418-O1-p157vyM7
 
【画像:
https://kyodonewsprwire.jp/img/202209136418-O3-73KVo81t
 
提供価格 
 無料。ただし、IoT地震観測サービスの利用が前提です。
 
WEBページ 
IoT地震観測サービスページ 
https://www.hakusan.co.jp/solution/IoT_quake_monitor/
 
 
IoT地震観測サービスについて
 地震発生時に、通信機能搭載の地震計で取得したデータをクラウドサーバーGeonaviにアップロード。MAPやリストでの震度表示や、加速度波形データの取得が行えるとともに、APIでデータの提供が可能なサービスです。
 ・LTEまたはWi-Fiでデータ通信が可能な地震計
 ・地震計測からデータ管理クラウド、アプリケーションまでを一元的に提供
 ・地震発生時のメール通知機能を標準搭載
 ・APIを介してお客様のシステムとの連携可能
 ・遠隔地や多拠点の被害状況の把握を容易にし、初動対応時間を大幅に短縮
 ・サブスクリプション方式を採用し、導入費用を抑制  
 
【表:
https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106001/202209136418/_prw_PT1fl_sP77YEE9.png
 
 

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...