Webで安全な不動産取引を実現するグランドネクスト

2021/02/16
グランドネクスト株式会社

安全な不動産取引と取引手数料の適性化をWebで追求する、グランドネクスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:小島 優一)は、この度、不動産トラブルを弁護士が解説する情報サイト「不動産トラブルの解説室」をオープンしたことをお知らせします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102151002-O1-6559Z0qm

「不動産トラブルの解説室」サイト: https://grand-next.jp/lawyer/ 

今回オープンした 「不動産トラブルの解説室」は、
例えば、

・認知症になった親名義の住宅を売りたい
・住宅ローンの返済ができない
・購入した家に欠陥があった時の対処 

など、不動産にまつわるトラブルや身近な困りごとなどを、弁護士が法的根拠をあげて解説する情報サイトです。

解説は、当社顧問弁護士で不動産トラブルに強い櫻井俊宏弁護士です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202102151002-O2-DzIu4u1Q
櫻井俊宏弁護士(写真)
弁護士法人アズバーズ代表
https://as-birds.com/

当社は、駅前などに販売店舗を持たず、Webで事業を展開、昨年11月に会社設立10周年を迎えました。当社のホームページでは、不動産会社が利用している、“正確な価格査定サイト”や“大手不動産会社で購入するメリット”などの不動産実務に則した情報の発信を行っています。
これは、検討者が販売会社から事実とは異なる説明を受け、実際より高価格での購入や、欠陥、法的な問題を抱えているような不動産を契約してしまうことを防ぐことを目的としています。

■不動産投資の大型事件を防ぐ
記憶に新しい、2018 年の「カボチャの馬車事件」「レオパレス施工不良事件」などでは、買主に損害が生じるような契約締結が計画的になされ、多くの被害者を生んでしまいました。
投資家の知識や情報不足につけこんで、不当に高い商品や欠陥のある商品を購入させるような取引はあってはならず、あのような問題を含む不動産取引を世の中から少しでも減らすことが当社のミッションでもあります。

■仲介手数料0円(または半額)を実現
不動産売買の仲介手数料は、『取引価格の3%+6万円+消費税(現行10%)』が業界の慣例ですが、当社では仲介手数料を0円、または半額の設定をしています。
これは、10年間の積極的な Web 展開による経験、知見の蓄積によって、店舗費用や広告費などのコストを削減することで実現しています。安全な不動産取引を実現しつつ、顧客への不動産情報の伝達コストを引き下げることで、不動産取引時に契約者が支払う仲介手数料を一般的な不動産会社と比較して、大幅に引き下げています。

当社は、不動産仲介手数料を適正化し、オープンな情報提供によって不透明感を無くすことが不動産業界全体としての信頼を得ることに繋がると信じ、これからも邁進していく所存です。

●会社概要
会社名:グランドネクスト株式会社
設立:2010年11月5日
資本金:1,000万円
代表取締役:小島 優一
本    社:〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目16-10 モニーレ御苑前8階
代表電話番号:03-6380-0901
麻布オフィス:〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目20-1 Daiwa麻布テラス5階 リージャス麻布
表参道オフィス:〒107-0062 東京都港区南青山3丁目8-40青山センタービル2階
新横浜オフィス:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目13-6 アイシスプラザIII 6階
事業内容:不動産売買仲介業・不動産賃貸管理業
許認可:宅地建物取引業者免許 東京都知事(2)第96449号
加盟団体:公益社団法人全日本不動産協会・公益社団法人不動産保証協会・
公益社団法人首都圏公正取引協議会
ホームページ: https://www.grand-next.jp/  

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「弁護士が不動産の困りごとを解説する情報サイト「不動産トラブルの解説室」をオープン!