賢い冬のエアコン選びのためにおさえておきたいポイント

2020年11月19日11:00
https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/special/oshiete/

【霧ヶ峰 Times】エアコンの買い替え時期はいつ?その時の適切な選び方とは・・・

 今年の夏は、例年以上の猛暑が続き、静岡県浜松市では、国内最高気温と並ぶ41.1度を記録しました。また、新型コロナウイルスの影響により生活環境、働き方が変化し在宅時間が増加した事により、例年に比べエアコンが活躍した事が推測されます。そこで、三菱電機 霧ヶ峰PR事務局では、東京都と大阪府にお住まいの男女600名に対し、エアコンの使用時間と電気代に関する調査を実施しました。調査によると、例年に比べエアコンの使用時間が増えた人が半数以上、また、それに伴い電気代が上がった人も同じく半数以上いることがわかりました。

 これからさらに寒くなる季節に向けて、エアコン暖房のよくあるお悩み「電気代を抑えたい」「暖まらない」を解消するポイントと、買い替えの際の賢いエアコン選びのポイントを「霧ヶ峰Times」としてご紹介します。また今年は新型コロナウイルスの影響で換気する方が増え、例年よりも電気代が上がることが予想されるので、エアコン暖房の効率的な使い方のポイントをおさえ、冬の快適な室内空間を目指しましょう。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O1-s2xwEZC9

1. コロナ禍で例年に比べ約2人に1人が電気代増加!
今年は、新型コロナウイルスの影響により、例年の7月~8月の1日あたりの「在宅時間数」が増えた方が64.8%となりました(グラフ1)。また、今年は例年以上の猛暑が続いた為、エアコンの使用時間も54.3%の方が増え、それに伴い電気代が増えたと答えた方も53.5%と増加していました。(グラフ2)(グラフ3)。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O31-3A69PhPn

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O29-2CWx90mW

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O30-MObINLB9

 
2. エアコン暖房の悩み 「電気代が高い」約4人に1人、「暖まらない」約5人に1人。 解消のポイントを紹介!
三菱電機調べでは、エアコン暖房について、26.2%の人が「電気代が高い」、20.4%の人が「暖房の暖まりが悪い(暖まるまでに時間がかかる)」と、感じています(グラフ4)。また、新型コロナウイルスの影響により今後も在宅時間が長い事が予想されるので、今年の冬の電気代が高くなりそうと危惧する人も52.3%いました(グラフ5)。そこで、三菱電機 霧ヶ峰PR事務局では、機種に関わらず簡単にできる「電気代が高い」と「暖まらない」の悩みを解消するポイントをまとめました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O5-K96wqjj2

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O6-4iGd56Rm

「暖房の電気代が高い」を解消する4つのチェックポイント

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O38-43wh1uMu
「暖まらない」を解消する7つのチェックポイント

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O28-6dzEW8Y3

〈これって買い替えのタイミング?〉 上記で改善が見られない場合は買い替え時期かも
上記、「暖房の電気代が高い」を解消する4つのポイント、「暖まらない」を解消する7つのポイントを実践したにも関わらず改善が見られず、「エアコンから異音がする」もしくは「購入から10年以上経過している場合」は買い替えの時期と言えるかもしれません。三菱電機の調査によると、買い替え時にエアコンを10年以上使っている人が88%を占め、そのうち39.4%は16年以上となっており、エアコンを長期で使用している人が多いことがわかりました(グラフ6)。上記で改善が見られない場合は、3⃣の3つのチェックポイントに注意しながら買い替えを検討してみてはいかがでしょう。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O9-xLN7mKUz

3. 買い替えればお悩みを解消できるわけではない??賢いエアコン選びのためにおさえておきたい3つのチェックポイント
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O12-d2xeU4Q7

■ポイント① 「省エネ基準達成率」をチェック!
省エネ基準達成率とは、省エネ法※1で定められた製品ごとに設定されている省エネ性能の目標基準値をどの程度達成しているかを表したものです(図1)。電気代を抑えたい場合には、この達成率が高いエアコンを選びましょう。
※1:省エネ法…エネルギーの使用の合理化等に関する法律。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O13-34D1i756
<節約可能な電気代は環境省のサイトでシミュレーションしてみましょう>
では、買い替えるとどれだけ電気代が節約できるのでしょうか。環境省が提供しているWebサイト「省エネ製品買換ナビゲーションしんきゅうさん」ではエアコンやテレビ、冷蔵庫などの家電製品の電気代を比較することができます。現在使用中のエアコンの側面もしくは底面に表記されている型式と、買い替えを検討しているエアコンの型式を入力してシミュレーションしてみましょう。使用しているエアコンを最新のモデルに買い替えた場合に節約できる金額の目安がわかります。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O32-EJfOQcaQ
出典:省エネ製品買換ナビゲーションしんきゅうさん
(COOL CHOICE ウェブサイト https://ondankataisaku.env.go.jp/shinkyusan/

 
<実際に環境省のサイトを使って電気代を調べてみました>
例えば、図2では当社の2011年製の上位モデル(目標年度2010年度 省エネ基準達成率110%、MSZ-ZW562S)と2020年製の上位モデル(目標年度2010年度 省エネ基準達成率124%、MSZ-ZW5620S)で電気代のシミュレーションをしたところ、2020年製の上位モデルに買い替えると約6,210円※2も年間電気代を抑えられることがわかりました。一方で図3では当社の2011年製の普及モデル(目標年度2010年度 省エネ基準達成率100%、MSZ-GM561S)と2020年製の普及モデル(目標年度2010年度 省エネ基準達成率100%、MSZ-GE5620S)で電気代のシミュレーションをしましたが、年間電気代は変わりませんでした※2。つまり、買い替えるだけで今より電気代が抑えられるわけではなく、省エネ基準達成率が高いエアコンを選ぶことがポイントです。※2:年間電気代の比較結果はお住まいの地域、お部屋の環境、ご使用条件等により変わります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O17-S60w5xy1
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O16-k3jLY4lM
■ポイント② 「低温暖房能力」をチェック!
低温暖房能力とは外気温2℃時の暖房能力を表しています。この数値が高いほど、暖房能力が高く、暖かく出来るエアコンということになります(図4)。
2011年製の普及モデルと、2020年製の3種類のモデルを比較した結果、2011年製と低温暖房能力が変わらないモデルもありました(グラフ7)。
つまり、買い替えるだけでは暖まりにくさが改善されない場合もありますので、低温暖房能力が高いエアコンを選ぶことがポイントです。近年では暖房能力を強化したエアコンが登場し、ラインナップも増えていますので、暖房機能重視の方にはぴったりのエアコンが見つけやすくなっています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O36-3on5JMC1

 
■ポイント③ お部屋の環境をチェック!
エアコンを設置するお部屋の間取りをチェックしましょう。お部屋に見合った能力を選ぶことが大切です。例えば、吹き抜けがあると暖気が舞い上がりやすいので適用畳数より大きい能力のエアコンを選ぶことがポイントです。(下記チェックポイント参照)。お部屋に見合っていない能力のエアコンだと、常にフルパワーで運転しなければならず、必要以上に電気代がかかってしまうことや「暖まらない」原因になる可能性があります。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O18-MHW1K35G

 
「省エネ基準達成率」、「低温暖房能力」、「お部屋の環境」をチェックし、
お悩みを解消する満足のいくエアコン選びをしましょう!

 
三菱電機は省エネ性や暖房性能に優れたエアコン開発に取り組んでいます。
■省エネのことを考えてエアコンの構造を一から見直して開発
省エネのことを考えて構造を一から見直し、優れた省エネ性を発揮するFZシリーズを発売しています。また左右独立駆動のパーソナルツインフローを搭載しているので、強弱別々の風を送り出すことが可能なため、快適性にも優れています。

霧ヶ峰FZシリーズ:
https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/product/fz/index.html

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O34-uU2Ohuo1

■寒さの厳しい冬も、暑い夏もこれ1台。ズバ暖霧ヶ峰
高精度なセンサー「ムーブアイmirA.I.」(搭載機種:FDシリーズ/ZDシリーズ)で、人の快適に合わせて「風あて」「風よけ」をするので寒いときは風あてですばやく暖め、十分暖まったら自動で「風よけ」に切り替わり、乾燥を抑制します。またエアコン暖房は室外機に霜が 付くと暖房運転を停止して霜を溶かす必要がありますが、ズバ暖霧ヶ峰は「快適ノンストップ暖房」で霜取り中も暖かさが途切れず※3、快適が続きます。
※3:使用環境・住宅構造などにより効果が得られない場合があります。

ズバ暖霧ヶ峰:
https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/special/zubadan/
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O35-qB67OHkU
【調査概要】
■グラフ1/2/3/5
・調査対象者:東京都・大阪府に在住の30-59歳の既婚の男女で、自宅にエアコンを設置している方600名
・調査方法:インターネット 
・調査期間:2020年10月9日(金)~10月11日(日)

■グラフ4:2020年1月/当社エアコン購入者アンケート/1,727名
■グラフ6:2020年4月~2020年7月/当社エアコン購入者アンケート/7,044名
■グラフ7:2011年製モデル(MSZ-GM561S)と3種類の2020年製モデル(MSZ-GE5620S、
      MSZ-XD5620S、MSZ-ZW5620S)の低温暖房能力を比較。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011167198-O27-A924Pe4R

https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/special/enjoyhome/

霧ヶ峰は、1人ひとりにあわせたここちよさで
家族のおうち時間を応援していきます。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「エアコン暖房の2大お悩み「電気代が高い」「暖まらない」の解消方法! 買い替えるだけでは解消できない!?