KITハッカソンを9月7日(月)~9日(水)にオンライン開催

KITハッカソンを9月7日(月)~9日(水)にオンライン開催。 「ニューノーマル時代のKIT(大学)の在り方」をテーマにモックアップを開発。 特別セッションとして講演・パネルディスカッションも

KIT金沢工業大学では、「ニューノーマル時代のKIT(大学)の在り方」をテーマに、「KITハッカソン2020夏」を9月7日(月)~9日(水)にかけてオンラインで開催します。
コロナ禍において、働き方や生活そのものが大きな転換期を迎えており、「ニューノーマル」と呼ばれる時代が到来しつつあります。金沢工業大学においても、リモートによる授業やディスカッションが日常となってきており、大きな変革期にあります。新たな時代の大学の日常をどのように創造するかが今求められており、そのアイデアを今回のハッカソン(※)で導き出します。
KITハッカソンでは、5~6人でチームを組み「ニューノーマル時代のKIT」についてディスカッション・創造すると同時に、その中で用いられるシステム等のモックアップを開発します。最終的には、テクノロジーに偏ることなく、正解がない新たな世界をチームで明確にし、他者からの共感を得られるストーリーと具体的なシステムのモックアップを制作物としてつくりあげます。学生のほか、社会人も参加できます。オンラインでの開催となり、オンライン会議システム「Zoom」などを使用します。
ハッカソンに先立ち、9月7日(月)10~12時には、「KITハッカソン2020 特別セッション」も開催します。応用バイオ学科の長尾隆司教授が基調講演を行なうほか、情報・建築・バイオ・心理の各分野を代表する教員が各専門領域から「ニューノーマル時代のKIT」についてパネルディスカッションを行ないます。
申し込みURL :
https://forms.gle/LAQWV5VQXXq5tTm88
定員 : 40名
イベントの詳細については添付のチラシをご覧ください。
KITハッカソンは、「地域志向」を基本テーマとして、2014年から開催してきました。学生のスキルアッププロジェクトとして開催しており、短期集中型のハッカソンで新たに得た知識や気づきを、各人が取り組んでいる長期的なプロジェクトに役立ててもらうことを目的としています。
ハッカソン : プログラミングを意味する「ハッキング」と「マラソン」を組み合わせた造語。短期間に集中的に開発作業を行うイベント。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...