新型コロナウイルス感染拡大長期化をうけ、付け替え需要に対応しリニューアル

2020年8月4日

新型コロナウイルス感染拡大長期化をうけ、付け替え需要に対応しリニューアル

「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」

9月中旬より常備在庫販売へ

 

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、新型コロナウイルス感染拡大の長期化を受け、2020年5月に上市した「飛沫感染対策用フィルム」をリニューアルした「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」を9月中旬より常備在庫販売を開始いたします。

 4月に発令された緊急事態宣言を受け、大手コンビニエンスストアなどで飛沫防止シートの設置が始まり、5月には政府の“新しい生活様式”専門家会議からの提言として、“人と人が対面する場所は、アクリル板・透明ビニールカーテンなどで遮蔽する”ことが挙げられ、公共施設の窓口や小売店舗のレジなどを中心に、飛沫感染防止対策が広がっています。

 一方で、6月に消防庁より“飛沫防止用のシートに係る火災予防上の留意事項について”の通達が出され、防火対象物関係者に周知されるべき留意事項の一つとして、“必要に応じて難燃性又は不燃性※のものの使用を検討すること”が指摘されました。

 こうした市場動向に先んじて、4月に当社は「アキレス飛沫感染対策用フィルム」の限定生産・販売をしてまいりました。以後、需要の拡大・長期化が進み、それに加え防炎仕様への関心の高まりや、付け替え需要が生じ、“現・設置フィルムのメーカーや仕様がわからない”という声も増えてきています。そこで、市場の要望に応えるため、防炎性能はそのままに、製品にプリントマークを施しリニューアル、製品名を「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」として常備在庫販売を決定しました。

※ここでの難燃性又は不燃性は、“燃えにくい”を指します。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008042801-O2-03CLpc87

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008042801-O1-YAw00ieC

 

 

「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」製品概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101158/202008042801/_prw_OT1fl_A4ROlNnd.png

※本品は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。

 

アキレス株式会社 〒169‐8885 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー https://www.achilles.jp/

 

製品に関するお問い合わせ先

化成品事業部 フイルム販売部 フイルム販売課

課長 鈴木 浩介 TEL:03-5338-9266 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」 9月中旬より常備在庫販売へ