yahoo

【7/12~】松屋でうな丼が880円で発売開始! 大盛り・ポイント増量・全額バックも

2022.07.12 10:20
rss マネーの達人
マネー
コメントする
音声で聞く
夏バテ予防にうな丼が食べたいご家庭に朗報です。
松屋で、7月12日から880円で「うな丼」を食べることができます。
そして、支払方法次第で、全額ポイントバックの可能性まであります。
7月23日、8月4日は土用の丑の日。
節約していても、おいしいうなぎが食べられるチャンスです。

松屋では7月12日より「うな丼」販売開始!

≪画像元
  • 松屋フーズホールディングス≫
  • 松屋のうな丼が、7月12日(火)10時より販売開始されます。
    今年で4年目の販売になるうな丼は、
    イートインでは、みそ汁、キャベツお新香、山椒の小袋がつきます。
    ≪画像元
  • 松屋フーズホールディングス≫
  • 松屋で食べられるうなぎメニューは
    ・ うな丼:880円
    ・ うなぎコンボ牛めし:980円
    ・ ひつまぶし風うな丼お茶漬けセット(温茶、冷茶):980円
    ・ うなぎ単品:760円
    このほか、
    持ち帰りもできます。ただし、
    今回の販売では、
    例えば、うな丼のダブルは1,480円です。
    ダブルにしても約1,500円でおつりがくるメニュー。この価格でうなぎを食べられるのは、かなり魅力的ではないでしょうか。

    イートイン・テイクアウト どちらもお得になる!

    松屋では、テイクアウトでも店内飲食でも、どちらもお得になるテクニックがあります。

    1. ライス大盛が無料に

    発売を記念して「うな丼」関連メニューを注文した人は、7月26日(火)10時までライス大盛、無料サービスを実施します。
    たっぷり食べたい人にも満足なサービスです。ごはんを大盛りにして食べたくなります。

    2.(テイクアウトの場合)松弁ネット 期間限定!!100ポイントプレゼント

    ≪画像元
  • 松屋フーズホールディングス≫
  • テイクアウトをするなら、「松弁ネット」を利用するのがおすすめです。
    7月12日(火)~7月19日(火)10時まで、松弁ネットを利用して、うなぎ関連メニューを注文すると100ポイントを「追加」プレゼント。※
    レギュラー会員は52ポイント→152ポイント、ブロンズ会員は70ポイント→170ポイント、プラチナ会員に至っては105ポイント→205ポイントにまでなります。

    3.(店内飲食の場合)松屋モバイルオーダー付与ポイント3倍キャンペーン

    ≪画像元
  • 松屋フーズホールディングス≫
  • 店内飲食の場合も、ポイントが多くたまるコツがあります。
    松屋モバイルオーダーを利用する方法です。
    現在、「松屋モバイルオーダー付与ポイント3倍キャンペーン」を実施しています。
    松屋モバイルオーダー」は、松屋フーズ公式アプリ機能で、テイクアウトのほか、店内飲食でも利用できます。
    松弁ネット……テイクアウト
    松屋モバイルオーダー……テイクアウトも店内飲食も
    松弁ネットではテイクアウトの利用制限があります。
    店内飲食の時にポイントアップを狙いたい時は、松屋モバイルオーダーを選びます。

    松屋モバイルオーダーの利用方法

    ≪画像元
  • 松屋フーズホールディングス≫
  • 1. 松屋公式アプリから「松屋モバイルオーダー」を選ぶ、店内飲食の場合は「お店でお食事」にする
    2. 利用店舗を選択
    3. 好きな商品を選んだら「レジに進む」をタッチ、決済画面に移る
    4. 注文を確定するをタップして注文完了
    松屋モバイルオーダーなら、テイクアウトだけでなく店内飲食にも使えます。

    4.「夏P祭(夏のペイペイ祭り)」で全額戻ってくる!

    ≪画像元
  • PayPay≫
  • 現在、対象店舗で「夏P祭(夏のペイペイ祭り)」を実施しています。
    対象店舗にてPayPayで支払い、抽選で当たると
    支払金額の
    ・ 1等……100%
    ・ 2等……5%
    ・ 3等……0.5%
    が当たります。
    当たらない可能性もあるものの、もしかすると、

    うな丼が880円で食べられる松屋!よりお得に攻略を

    通常、うなぎを食べようと思ったら高額です。松のやでは、うな丼が880円とコスパよし。
    持ち帰りでも店内飲食でもお得に食べるワザがあるため、利用時は試してみてください。
    アプリを入れなくてもPayPay支払いだけで全額対象ポイントバックの可能性もあり、支払いをPayPayにして運試ししてみることをおすすめします。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)
    \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間
    おすすめ