カレーと肉じゃがには共通の食材が多くあります。

調理過程も途中までは同じです。

どちらもぐつぐつ煮込む調理法で、もっともガス代がかかるのはこの過程です。

カレーと肉じゃがを同時に調理して「煮込み」を一度に行えば、ガス代は半額近くになるはずです。

こちらの記事では、カレーと肉じゃがを同時に作る方法とカレーやシチューのリメイクレシピを紹介します。

まず、カレーと肉じゃがを一度に調理することで、どれくらいの節約になるかを検証してみました。

11/19~29【ユニクロ感謝祭】先着ノベルティ2点と冬の特価ラインナップ5選

同時調理で節約できるガス代は?

ガスコンロ使用量の目安は次の通りです。

中火1時間:約20円

弱火1時間:約5円

カレーや肉じゃがを煮込む時間は15~20分程ですが、5分ほどで中火から弱火に切り替えるでしょう。

おおよその計算になりますが、煮込みにかかるガス代は約5円となります。

カレーと肉じゃがを別々に調理すると10円かかるガス代が、同時に調理すれば半額の5円で済みます

たったの5円と思われるかもしれませんが、同じ食材で2食分のメイン料理ができあがると食材の節約にもつながります。

調理時間の節約にもなりますし、メリットは小さくありません。

それでは次に、カレーと肉じゃがを同時に作る方法を紹介していきます。

同時調理で食費節約!カレー+肉じゃが

【4人分の材料】

・ 豚バラ肉薄切り 600g
・ じゃがいも中サイズ 5~6個
・ 玉ねぎ中サイズ 2個
・ 人参 1~2本
・ なす 1本
・ しめじ 1/2株
・ さやいんげん 適量
・ 糸こんにゃく 100g
・ カレールー 適量
・ しょうゆ 大さじ4
・ 酒 大さじ4
・ みりん 大さじ4
・ 和風だしの素 大さじ1

作り方<前半>

1. 豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。薄切りでもブロックでも大丈夫です

2. じゃがいもの皮をむき、やや大きめにカットして水につけておく

3. 人参の皮をむいて、一口大の乱切りにする

4. 玉ねぎの皮をむいてスライスする

5. 大きめの鍋を熱し、豚バラ肉と玉ねぎを炒める

6. 人参と、水を切ったじゃがいもを鍋に入れる

7. 700mlの水をくわえ、鍋に蓋をして中火で数分。ぐつぐつ煮立ってきたら弱火にする

8. 食材に火が通ったら、鍋の具材の半分を別の鍋に取り分ける

汁気を残した元の鍋をカレー用、具材だけを取り出した新しい鍋を肉じゃが用とします。

カレーと用と肉じゃが用で分けます

ちなみに私はじゃがいもの煮崩れを防ぐため、ここでじゃがいもをよけています

ここまでで、もっともガス代を消費する煮込みが終わった状態です。

次に、カレーと肉じゃがをそれぞれ仕上げていきましょう。

作り方<後半>カレー編

1. しめじの石突を取り、小房に分ける。なすは半月切りにして水にさらす

2. フライパンを熱し、しめじとなすを炒める

3. カレー用の鍋に2を入れ、軽くあたためる

4. 火を止めてカレールーを割り入れて溶かす

5. 弱火にかけ、とろみが出るまでよく混ぜる。

これでカレーの完成です。

作り方<後半>肉じゃが編

1. 小さな鍋にお湯を沸かす

2. さやいんげんの筋を取り、半分に切る。糸こんにゃくは食べやすい長さにカットする

3. 沸騰したお湯にさやいんげんを入れて2~3分茹で、取り出す

4. 同じお湯で糸こんにゃくに5分ほど火を通す

5. 肉じゃが用の鍋に、水300㏄と糸こんにゃく、調味料をすべてくわえて中火にかける

6. 煮立ったらさやいんげんをくわえ、1分程で火を止める

鍋の中でしばらく冷まし、具材に味をしみこませます。

これで肉じゃがも完成しました。

肉じゃがも完成
レシピを分かりやすくするため前半と後半に分けましたが、じゃがいもや玉ねぎを煮込みながらカレーと肉じゃが用の作業を同時に進められます

調理時間の短縮にもなりますので、ぜひ試してみてください。

カレールーの代わりにシチュールーを入れて、シチューを作ることもできます。

次はカレーとシチューが余った場合の、アレンジレシピを紹介します。

さらに節約!カレーとシチューのアレンジレシピ

2日目のカレーで作るカレーうどんです。

カレーうどん

一晩寝かせたカレーで作るカレーうどん
【1人分の材料】

・ うどん 1玉
・ カレー 約100g(お玉1杯分くらい)
・ 薄揚げ 1/2枚
・ 長ネギ 5cm程度
・ 和風だしの素 小さじ1
・ しょうゆ 大さじ1/2
・ 塩 小さじ1/2
・ かつお節 少々
・ 片栗粉 大さじ2

作り方

1. カレーの鍋に300㏄の水と、和風だしの素、しょうゆ、塩を入れ火にかける

2. 長ネギをスライスし、薄揚げは5~7mmほどの幅に切る

3. 鍋が煮立ったら長ネギと薄揚げを入れて少し煮る

4. うどんとかつお節を投入し、3~5分煮込む

5. 大さじ2の水で溶いた片栗粉を少しずつ入れ、とろみをつける

だしの効いた和風カレー味となって、じゃがいもやしめじなどカレーの残り具材もおいしくいただけます。

肉ではなく薄揚げをくわえて節約しました。

カレーうどん用に新しく追加した材料費は、約30円です。

クリームシチューで作るカルボナーラ風パスタ

クリームシチューで作るカルボナーラ風パスタ
【1人分の材料】

・ クリームシチュー 150~200g(お玉に4杯分くらい)

・ ベーコン 50g

・ とろけるチーズ 40g牛乳 40㏄

・ 黒コショウ 適量

作り方

1. 鍋に湯を沸かし、パスタを茹でる。

標準茹で時間より1~2分程短めに茹でましょう

2. ベーコンを食べやすいサイズにカットして炒める

3. シチューにチーズとベーコンを入れ、中火にかける

4.チーズが溶けたら牛乳と茹で上がったパスタを入れ、よく混ぜる

5.皿に盛り、黒コショウを振って完成

生クリームも卵黄も使わない節約レシピです。

材料費は約75円となりました。

同時調理で食費と時間の節約を

カレーと肉じゃがを同時に作ることで、わずかながらもガス代の節約になります。

食材の種類も抑えられ、食費の節約にもつながるでしょう。

調理時間を短縮できるのも、忙しい主婦や主夫にはうれしいポイントです。

たくさんの食材を同時に煮込むのは、少量調理より味に深みも出るようです。

食費と調理時間を節約しながら、おいしいカレーと肉じゃがを味わってみてください。(執筆者:陽山 あい)

【2022年】飲食店・カフェ・ショップ系 買うだけでお得な福袋5選+新規追加5選

エアコンと石油ファンヒーターどちらが安い? 暖房代を抑える選び方「6つの視点」

【10月15日~11月30日】ユニクロ ヒートテック「クーポン付き回収キャンペーン」筆者の体験談と攻略法

情報提供元 : マネーの達人
記事名:「 カレーと肉じゃがの同時調理でガス代・食費の節約に